products

SAE J356はフラッシュの管理された低炭素鋼鉄管15.88mm ODを溶接した

基本情報
起源の場所: 中国
ブランド名: Torich
証明: ISO9001 ISO14001 TS16949
モデル番号: SAE J356
最小注文数量: 5トン
価格: 1200USD/ton
パッケージの詳細:
受渡し時間: 5-8週
支払条件: L/C、T/T
供給の能力: 1年ごとの5000tons
詳細情報
適用: 油圧管 標準: ASTM
厚さ: 0.1mm-60mm 証明: ISO
技術: 引かれる冷たい-、引き分け、つや出し、つや出し/冷たいERW冷間圧延される- 表面処理: ヌル
合金またはない: 非合金 セクション形: 円形
特別な管: 厚い壁の管
ハイライト:

SAE J356の低炭素鋼鉄管

,

15.88mm ODの低炭素鋼鉄管

,

SAE J356の低炭素の鋼管


製品の説明

15.88 mm OD Xタイプ1.24 mmの- A J356は曲がり、二重に急に燃え上がり、そして玉が付くことのために正常化されたフラッシュ制御の低炭素鋼鉄管を溶接した

 

このSAEの標準は正常化された電気抵抗を溶接した圧力ラインとしてそして適した質の管を要求し、急に燃え上がり曲がることのために、玉が付き、そしてろう付けする他の適用で使用のために意図されているフラッシュ制御のsingle-wall低炭素鋼鉄圧力管をカバーする。この指定に作り出される材料はIDの溶接ビードによって引き起こされる潜在的な漏出道による単一の火炎信号の塗布に使用するように意図されていない。この指定はまたSAE J356のタイプ- Aの管--をカバーする。標準的なSAE J356およびSAE J356のタイプの機械特性そして性能要件は同じである。従ってとにかくタイプ管が標準的なSAE J356に劣っていることを意味するために、タイプ管の指名相違は意味されない。タイプ指定はただ意味される演説するために小さい直径の独特な製造の相違、軽い壁のサイズ(普通15.88 mm OD X 1.24 mmの壁およびより小さい。)にSAE J356およびSAE J356のタイプ間の主な違いは次のパラグラフで記述されている。タイプ管は圧力を取り除くためにインラインに扱われる熱-で、巻型で一般に作り出される。タイプ管が巻型で作り出されるとき、タイプのまっすぐな長さは二次にまっすぐになることおよび切口に長操作によってだけ利用できる。標準的なSAE J356はまっすぐな長さとして作り出され、次に二次正常化操作を受け取る。すべての標準的なSAE J356の条件はタイプ管に特定の条件が「タイプ」指定と注意されなければ適用する。すべての標準的なSAE J356の指定が適用すれば、標準的なSAE J356はタイプとして同じサイズでまた利用できる。

 

材料:タイプA

材料:炭素鋼

条件:正常化される

働く包囲:高圧。

 

SAE J356はフラッシュの管理された低炭素鋼鉄管15.88mm ODを溶接した 0

 

連絡先の詳細
Lily Zhang

電話番号 : +8618958208557

WhatsApp : +8613736164628